自己研鑽

解けない問題

証券パートナーズの三好です
最近はあらゆる分野において正解が無いな、と思うことがよくあります

それは資産運用だけでなく、
もっと広い意味で、生き方や働き方
幸せの定義なども人それぞれで今となっては決まった答えはありません。

これは一見「自由」とも取る事はできますが
その一方で、選択肢が広がりすぎる、というデメリットも生んでしまっていると感じます。

現在の日本では、
最低限の生活をする程度の収入保障があり、
欲を出さなければ人としての生活することは可能だと考えています。

 

ただ、以前にも増して個人の力が強くなってきて、
それぞれが自分たちの幸せな生き方を模索し、
日本人はその真面目さゆえに
精神的に苦しんでいる人も多くなっているのではないかと思います。

 

昔のように終身雇用で、定年まで会社で勤めあげれば一人前
という考え方は現代ではありません

みんなそれぞれが「何かをしたい」と思ってはいるものの
その「何か」が見つけられず
思い悩み、不満を抱えながら生活してるように思います

 

みんなやる気はあります。

そのやる気を何に注げばいいのかわからず
立ち往生している人が多いと感じます。

 

そんな世の中で、これからはますます
自分のやりたいこと、達成したいことにまっすぐ突き進むような人がより成功するような時代になっていくのではないでしょうか。

みんな答えを探している
でもその答えはどこを探しても見つかりません。

 

強いて言うなら自分の心にそのヒントはあるのかもしれません。

 

これからの時代は自己主張の時代です。

 

言ったもん勝ち、やったもん勝ち
そういった時代になります。

というか、なりつつあります。

自分の欲求を素直に受け止めて
心のままに行動し、生きていく人が報われるような生き方になるのではないでしょうか。

 

誰かを羨ましく思ったり
自分のことを卑下することもあるかもしれません。

それはそれとして受け止めて
行動し、発信していることが豊かな人生につながると思います。

 

もっとわがままになっていいんじゃないでしょうか。
たった一度の自分の人生、主役は自分です。

なぜこんなことを考えたかというと
会社員時代の自分がまさにそういう状態だったと思えるからです。

 

やる気はあるけど、発散できない思いを常に抱えて、不満を口にして何も変えることができなかった時間でした。

 

今となっては好き勝手生きていますが、
勇気を出して、いざやってみれば意外と心地は良いもんです。

 

正解がない時代の中で
僕は僕なりの正解を発信し続けていこうと思います。

それを聞いていただく中で共感する方がいらっしゃれば、ついてきてくれれば嬉しいなと思います。

引き続きよろしくお願いします。

 

ちなみにご報告ですが
最近、投資関係のウェブサイトを立ち上げました
もしよろしければご覧ください

 

お金のマネーコラム「マネコラ」

https://money-column.jp/

 

 

今日はこの辺で。

<本日の動画>

「60代の悲惨な貯蓄格差」

The following two tabs change content below.

三好 裕亮

FA/お金の専門家。元野村證券勤務。中立的な立場からお客様に最適な資産の組み合わせをお伝え致します。このホームページでは皆様のお役に立つ経済、資産運用、働き方に関する記事を記載しております。個別のご相談や質問に関してはお問合せ までお願い致します。

最新記事 by 三好 裕亮 (全て見る)