雑記

脱・日本計画

 

 

ハイ三好です

 

 

 

 

今回は最近、私自身が考えていることについてつらつら書いていこうと思います。

 

 

 

 

 

ここ最近、コロナウィルスの再拡大が話題となっており、

 

一日の感染者数が増加傾向にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、海外ではワクチン接種が開始されており、

 

イスラエルでは接種率が国民の3割に達しているとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

それに対して日本では

まだリスクが確認できていないとかの理由で

接種開始はまだ先になりそうです。

 

 

 

実際、ワクチンも足りてないみたいですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただこのニュースを受けて感じたことは

 

 

「やっぱり、日本遅くないか?」

 

 

 

ということです。

 

 

 

 

 

全てにおいて。

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカや中国では電気自動車がガンガン開発されている中、

 

 

日本では特に進展がありません。

 

 

 

 

部品を作っている会社は多いですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本は昔、アメリカの圧力などもあり、

 

コンピューターOSでの競争に敗れました。

 

 

 

今ではパソコンにWindows、iOS、などが主流ですが、

昔は日本もOSの開発をしておりました。

 

 

 

 

1人の大学教授が開発に成功しましたが、

日本はアメリカに開発をやめるように命令され、そのOSをしぶしぶ手放した、という経緯があります。

 

 

 

このコンピューター競争に負けたことを皮切りに、

現在もGAFAなどのプラットフォーマーに大きく遅れを取っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はシンプルに、

 

 

 

 

国民の一人として「悔しいな~」と思うわけです。

 

(政治思想などは特に持ち合わせていませんので、右翼とか左翼とかそういうことはありません。)

 

 

 

 

 

 

そして今では中国が世界No2の国として

どんどん成長し、

世界の覇権争いに参入しているわけです。

 

 

 

 

 

 

中国のやり方は決して綺麗なやり方ではありません。

 

ほとんど先進国の技術をマネして、

それを自国で拡大させることで

国全体として大きくなってきた経緯があります。

 

 

 

それは傍から見れば、下品な国かもしれません。

 

 

 

ただ、それでも私たちの国力としては

 

圧倒的に差をつけられて

 

「負けている」

 

と言わざるを得ない状況だと感じています。

 

 

 

 

 

決して日本が嫌い、とかそういう訳じゃないんです。

 

 

 

 

ただ、将来を想像した時に明るいイメージができないのは、私だけでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有能な人がどんどんと海外に出ていく理由が、なんとなくわかり始めてきました。

 

なんとなくね。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本が好きで、日本人も好きだから

 

 

私なりの解決策に向かっていきたいと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

そこに合わせて、業務を通じて、

【自分と関わる全ての人を幸せに】

 

 

 

実現させます。

 

 

 

 

 

 

 

 

少し暗い内容になってしまいましたが(笑)

今考えていることを述べさせていただきました。

 

 

 

 

今日はこの辺で。

 

 

 

 

 

<本日の動画>

「プロの保有銘柄を調べる方法」

 

The following two tabs change content below.

三好 裕亮

FA/お金の専門家。元野村證券勤務。中立的な立場からお客様に最適な資産の組み合わせをお伝え致します。このホームページでは皆様のお役に立つ経済、資産運用、働き方に関する記事を記載しております。個別のご相談や質問に関してはお問合せ までお願い致します。

最新記事 by 三好 裕亮 (全て見る)

ABOUT ME
三好 裕亮
FA/お金の専門家。元野村證券勤務。中立的な立場からお客様に最適な資産の組み合わせをお伝え致します。このホームページでは皆様のお役に立つ経済、資産運用、働き方に関する記事を記載しております。個別のご相談や質問に関してはお問合せ までお願い致します。