雑記

うさぎとカメと嘘

 

はい証券パートナーズの三好です。

今回は世の流れについて適当に書いていきます。

 

 

小さい頃に「うさぎとカメ」という童話を聞かされた方は多いと思いますが、
31年間生きてきて、世の中はそんな綺麗ごとではないよな、と感じることが多いです。

 

内容はみなさまもご存じの通りで、

足の速いウサギは途中でサボってしまい、
最終的にはコツコツ頑張ったカメが競争に勝つ、というお話しですね。

 

ただ、自分が見てきた経験則で話すと、

世の中のウサギはサボりません。

そんな優しくないです。容赦ないです。

 

 

 

先にゴールした後に、その先を目指して突き進みます。

そしてやがて最終的には大きな差が開きます。

 

もちろん継続や努力は必要です。

とても大切です。

ただ大きな成果を出せる人間は、その後も満足することなく次のステップに進みます。

 

 

先に到着したウサギは、
山頂でバイトしてお金を貯めて、飛行機を買って、
さらに高い山を目指して旅立ってしまい、カメがゴールした時には姿はありませんでした。

結局、差は埋まりませんでした、おしまい。

 

です(笑)

 

 

こんなことを言うと夢もへったくれもないのですが、世の中ほんとそんな感じです。

 

 

あと個人的にツッコむとしたら、

そもそもカメに「なんで足の速さで勝負してるねん」と。

お前の強みはそこじゃないだろう、と思う訳です。

 

本気で勝つなら、硬さ勝負?に持ち込めよ、と。

 

 

 

今となっては童話にそんなことを考える
意地の悪い大人になってしまいましたが、
そんな風に考えて、この世の中生きていかないと、思うような成果や幸せは手に入れられないんじゃないかと思うんですね。

 

 

カメが劣っているわけではないんです。

それぞれの特徴を上手く活かせていないだけです。

 

 

リスクを取って挑戦すること、

自分の強みを活かすこと、

そして時代に合わせること、

 

これからの生き方はこのような視点が重要なのではないかと思います。

 

 

みんなウサギになる必要はないです。

自分の強みを理解した賢いカメになりましょう。

 

 

今日はこの辺で。

【DJ社長 好きなことで生きていく】

 

ABOUT ME
三好 裕亮
FA/お金の専門家。元野村證券勤務。中立的な立場からお客様に最適な資産の組み合わせをお伝え致します。このホームページでは皆様のお役に立つ経済、資産運用、働き方に関する記事を記載しております。個別のご相談や質問に関してはお問合せ までお願い致します。